国語科教育 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/02/24 14:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
にくにくさん
  • 情報提供オリンピック選手が得たもの、捨てたもの 中学受験国語研究ブログにくにくさんのプロフィール
  • 五輪選手が得たもの、捨てたもの 一、羽生結弦選手(フィギュアスケート) http://world-free.net/?p=56961、得たもの昨年11月に右足首の靱帯(じんたい)を損傷するアクシデントに襲われた。しかし、これを乗り越え、ソチ五輪に続いて平昌五輪でも金メダルを獲得した。これはフィギュア男子66年ぶりの偉業となる。また、日本人として冬季の個人種目での連覇は初の快挙である。2、失ったものスポーツの現場に足を運んだのは

2位
おかん7さん
  • 情報提供2月3週目、小学校3年生の感想文のご紹介 作文教室(柏の葉公園教室)おかん7さんのプロフィール
  •  2月3週目の小学校3年生の感想文をご紹介します。  感想文のもとになる長文は少し難しめ。細菌学者のパストゥールが免疫のしくみを解明し、予防接種を作ることに成功したときのことです。難しい言葉や生物学の内容が出てきますが、1週間毎日の音読で理解...

3位
コロッケ先生さん
  • 情報提供漢字練習を工夫する子たち 学び続ける教師であるためにコロッケ先生さんのプロフィール
  • もうすぐ本年度も終わります。この1年近く、子どもたちに漢字の読み・書きの力をつけようと様々な取り組みをしてきました。8割ほどの子どもたちは1年前より格段に漢字力が身に付いたなと感じています。しかし、どうしても2割の子どもたちの漢字力が思ったようには身についていません。漢字が全く頭に入っていかない、残っていかない子も数名います。厳しい現実があります。低学年の漢字ですら読み書きが厳しい...
4位 神戸国語教育研究会カプスさん
  • 情報提供ICTは、教育の幅を広げる可能性がある 神戸国語教育研究会カプス神戸国語教育研究会カプスさんのプロフィール
  • ICT教育のセミナーに行ってきた。ICT教育のシステムの宣伝くさいところはあるのだが、それでも参考にすべきところはたくさんあった。その一端を順次ご紹介したい。 新学習指導要領でメインとなる「主体的な学び」。これは、言いかえると、「教師主導にならない」ということ。生徒たちに、思いやこだわりを表出させ、考えを生徒間で共有する。 もちろん、日本がこれまで大事にしてきた授業づくりは、変わらない。けれど、ICTを使え
5位 森川林さん
  • 情報提供もっと字を丁寧に書かなきゃ、と言うよりも(facebookページより) Online作文教室言葉の森森川林さんのプロフィール
  •  子供の作文を見て、よく「もっと字をていねいに書かなきゃ」と言うお母さんがいます。 子供の作文を見て、よく「もっと字をていねいに書かなきゃ」と言うお母さんがいます。 そう言いたい気持ちはわかりますが、問題は子供の字にあるのではなく、つい先に欠点を見て指摘しまうお母さんの方にあるのです。 そう考えれば、世の中は簡単です。 悪いことがあるのではなく、もちろんあることにはあるのですが、その悪い方を先に見
更新時刻:18/02/24 14:30現在