国語科教育 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/07/18 15:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
にくにくさん
  • 情報提供出来る子(保護者)はこうしてる!! 中学受験国語研究ブログにくにくさんのプロフィール
  • 出来る子(親)はこうしてる某塾の保護者会のために執筆したものです。できる子にするためには「認知科学」に基づいた指導が必要不可欠です。そこで、今回は認知科学に基づいた指導の実例についてご紹介します。一、認知科学は教育を変えた!!(渋渋、渋幕校長 田村先生のお言葉)二、脳内の情報の流れ   http://president.jp/articles/-/6965三、脳の7つの本能http://president.jp/articles/-/13184?page=3四、認知科学に基

2位
超neko-zさん
  • 情報提供勉強するすべての人が読むべき本 国語の勉強法=ねこのまなびや=超neko-zさんのプロフィール
  • 記念すべき第一回はこれです!『受験脳の作り方―脳科学で考える効率的学習法』新潮文庫池谷裕二著  本書は、脳科学者の池谷先生が高校生むけに書いた勉強法本の改訂版です。もとは、『最新脳科学が教える 高校生の勉強法』 東進ブックス(2002年発行) という本でした。これがすごい本なんです!!およそ、何かを記憶するという勉強をする人はぜったいに読むべき本です。現在、さまざまな勉強本が出ていますが、それらのほと

3位
偏屈国語教育論さん
  • 情報提供涼宮ハルヒの晩年 偏屈国語教育論偏屈国語教育論さんのプロフィール
  • 2007年から10年余りが経ち、我々世代は青年から大人への過渡期を完全に過ぎようとしている。しかし、今なお、ハルヒが甦ってくる。問いは、ハルヒはどのように大人になるのか?である。問いの生じる背景は次のものだ。人は大人になる。大人になるとは、社会一般の感受性を理解し、必要に応じてその振る舞いをすることである。突飛なファンタジーは語らない。ニュースの内容に関する雑談でも、哲学的なところまで踏み込まない。自分
4位 偏屈国語教育論さん
  • 情報提供ゲスの極み乙女。「もう切ないとは言わせない」 偏屈国語教育論偏屈国語教育論さんのプロフィール
  • 人生の意味自身の環境が変わると、当然周囲の人間も変わります。小学校の集団から、中学校の集団へ、そして、高校、大学、社会……加藤周一は、「文学の仕事」という文章の中で、以下のように語ります。「結局、人間は社会的なものであって、自分自身に対する誇りというものも、たった一人の人間というのではなくて、誰かの目と関わっているのです。」「行動につながるのはやはり情熱がなければならない。その情熱の引き金はやはり
更新時刻:18/07/18 15:30現在