TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

学級経営・授業実践 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    教育随想 354回  物語文「一つの花」 最後の場面の指導

    物語文の指導で 物語文の指導において、気を付けなければならないことがあります。 子どもたちが読めていることを授業の中て問題にしないようにします。 子どもたちが退屈するからです。 読書好きな6年生の子どもが、かつて私に言いました。 「物語は独りで読んだほうが楽しいと思っていま...

    路傍の石

    教育随想(授業づくり・集団づくり・児童理解)

    読者になる
  • 2位

    【子どもの見方】休み時間もひたすら勉強する子について考える

    今回も教師としての【子どもの見方】について書いていきたいと思います。 今日の事例は,“休み時間も時間を見つけて勉強する子”というテーマです。 では,いきましょう。 前回の記事はこちら ↓ www.ikedisk.com 1 子どもの事例 2 その子をどう捉えるか 3 おわりに 1 子どもの事例 休み時間にも勉強をしようとする。 授業で早く終わったら,お家の人から出されている宿題に取り組む。 2 その子をどう捉えるか まず,勉強を頑張ろうとしていることは事実なので,頑張っていることを認めます。 しかし,その子がなぜ勉強をするのか?それも親から出された宿題を学校でするのか? その裏には,「勉強がで…

    イケミ先生〜教育についてひたすら考え続ける『ふつうの教員』〜

    イケミ先生〜教育についてひたすら考え続ける『ふつうの教員』〜

    読者になる
  • 3位

    九州各地 記録的大雨に思う…熊本大洋デパート火災から学ぶ「集団・徒党・群れ」

    2020/07/07はじめにもへちゃん 今日は七夕ですが、降り続いた雨は止むどころか、さらに降り続くみたいです。 ニュースでは、「数十年に1度」とか「経験したことがない」大雨と言う表現で表されています。 しかし、この表現は、もへちゃんが住む

    もへちゃん

    もへちゃん先生の学級通信

    読者になる
  • 4位

    教育随想 353回 4年 国語「一つの花」 教材の一つの視点

    指導書より抜粋 この教材は、ささやかな家庭の幸せ、親子の絆を無残に破壊する戦争の時代を背景に、子どもに対する親の願い、生命の尊さ、平和への願い等について描いたものである。  現在の子どもたちの環境とは異なるが、それをこえて、子どもたちに深い感動を与えることができる教材である...

    路傍の石

    教育随想(授業づくり・集団づくり・児童理解)

    読者になる

「教育ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)