TOPICS

学級経営・授業実践 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    NHK『いだてん』! 伏線の回収に見る一本の「大河」のうねり!

    ここに来て,伏線の回収が圧巻!上半期に見たときは,単に,いくつもの,ささやかなエピソードでした。それが,最終回に近づくにつれて,続けざまに回収されていくのです…

    ウォーカー

    英語教師(通訳案内士)、ウォーカーと歩く!>似顔絵

    読者になる
  • 2位

    本当は大切だけど、誰も教えてくれない 教師の仕事

    ◇2020年の1月9日に,大前の新刊が出ます。********************************************「本当は大切だけど、...

    読者になる
  • 3位

    教育随想 232回  現場の先生は 救急医

    救急医療の現場のドキュメントテレビが時々あります。 救急医療に携わる先生の逞しさにいつも感銘を受けています。 自分の専門はあっても、すべての病気、ケガに対応しなければいけません。 最初に患者に出会う医者としての責任は重いですね。 救急医療に携わる先生の言葉が印象的でした。 ...

    路傍の石

    教育随想(授業づくり・集団づくり・児童理解)

    読者になる
  • 4位

    教育随想 321回  先生 と呼ばれることが恥ずかしい私

    子どもが生き生きとして活動していくのは、先生の行動や態度、さらに、先生が成長していこうとする意欲を感じ取っている時ではないでしょうか。 先生が真剣でなくて、どうして、子どもたちが真剣になるのでしょうか。 若い先生が技能的に未熟であっても、その先生のひたむきな姿に子どもたちは...

    路傍の石

    教育随想(授業づくり・集団づくり・児童理解)

    読者になる
  • 5位

    教育随想 230回  侮辱、皮肉、ぼやきによる指導

    日曜日に散歩していると近くの小学校で少年野球の指導が行われていました。運動場の両側で2つのチームが練習していました。 一つのチームはとても静かな練習でした。コーチの方が怒鳴るような声がなく、ていねいに指導しておられました。 もう一つのチームは、数人のコーチがおられて指導して...

    路傍の石

    教育随想(授業づくり・集団づくり・児童理解)

    読者になる

「教育ブログ」 カテゴリー一覧