TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

学級経営・授業実践 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    教育随想 449回  学習診断カルテの活用 

    子どもたちの個々の学習状況を大まかに把握することは児童理解と指導の上で大切なことはいうまでもありません。 日々、ノートに記録すればいいのでしょうが、どうしても抜け落ちることが多いです。 私は、簡単に児童の様子をチェックできるカルテを考えて活用していました。 あらかじめ評価項...

    路傍の石

    教育随想(授業づくり・集団づくり・児童理解)

    読者になる
  • 2位

    教育随想 448回  授業目標の明確化、教材の精選、山場づくり

    1.その教材を通して、子どもに身につけさせるものは何か、子どもがどうしても学びとらなければならないものは何かという授業目標を明確にします。  少し具体的にします。 〇心の糧として受け止めるべき精神的価値は何か。 〇身につけるべき知識、技能は何か。 〇さらに、その知識、技能の...

    路傍の石

    教育随想(授業づくり・集団づくり・児童理解)

    読者になる

続きを見る

  • スマイルゼミ小学生講座・中学生講座

    スマイルゼミ小学生講座・中学生講座

    スマイルゼミのタブレットを使った小学生講座・中学生講座通信講座の口コミ・評判・体験ブログなど。

    テーマ投稿数 65件

    参加メンバー 4人

  • 和のお稽古(習い事・部活)

    和のお稽古(習い事・部活)

    日本ならではの和の文化。 和のお稽古に励まれていらっしゃる方、教える難しさの難しさの講師・先生の方々のトラコミュになります。 和のお稽古ならジャンル問いません。茶道・華道、俳句、歌、(和の心・学問・歴史)、剣道・薙刀・弓道(武道)音楽(楽器)・歌舞伎・講談・落語・能楽・舞踊(芸術)、美術、工芸、、神仏修行等、何でも健康でございます。 全ての和のお稽古には歴史と伝統文化があります。 今の時代はネットなどでいろんな情報がすぐ手に入り、便利な世の中になりましたが、返って手も使わなくてもドアが開いたり、身体を使う事がなくなり脳が劣化しているのも危惧しております。 お稽古をしているとわかりますが、奥が深く大変厳しく難しいです。面倒で壁にもぶつかり、投げ出したくなることもしばしばあると思います。 しかし、作法は人間の心身、精神を鍛えます。 即ち、自分の知恵と心身で自然と効率良く気の利いた美の心を磨けるのが和のお稽古だと思います。 個人を鍛えるだけでなく他人に対して謙虚に敬う日本の和の伝統文化をトラックバックで共有し、和を愛する皆様のトラコミュになればと思います。どうぞご参加ご参加よろしくお願いします。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 3人

  • 学童保育所問題

    学童保育所問題

    全国の学童保育所や、学童保育所の保護者会の問題についてのトラコミュです。

    テーマ投稿数 33件

    参加メンバー 5人

  • 代々木ゼミナール 代ゼミ

    代々木ゼミナール 代ゼミ

    代々木ゼミナール 代ゼミについて

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 河合塾

    河合塾

    河合塾について

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 山口県立大学

    山口県立大学

    山口県立大学について

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 高知県立大学

    高知県立大学

    高知県立大学について

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 札幌保健医療大学

    札幌保健医療大学

    札幌保健医療大学について

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 2人

  • 発達障害2Eチャイルドを育てよう!

    発達障害2Eチャイルドを育てよう!

    発達障害の子供の中には、2Eと呼ばれる天才児がいます。 日本では、2Eの療育がされて来ませんでした。 海外では、古くからこうした天才児に、特別な、療育が、 施されてきました。日本においても、発達障害の本等で、 2Eについて書かれるようになり、2Eと、診断される 子供がいます。わたし自身2Eで、娘や母も2Eと考えられ ます。発達障害に関心のある方、天才児の、子育てに、 興味のある方、2Eかどうかに、かかわらず、情報交換しませ んか?

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 4人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「教育ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)