TOPICS

学級経営・授業実践 新着記事

1件〜50件

  • 続・お金と靴屋の話。月1勇気づけ国語塾

    こんばんは。勇気づけ国語塾の原田たけひろです。  前回の続きです。お金と靴屋の話。 主にお金の話をしてきました。 そして靴屋の話。 Brilliant Edu…

    勇気づけ先生

    勇気づけで学級経営をしよう

    読者になる
  • 「あいうえおの人権教育」の1例…「朗読劇◯◯◯◯」

    毎年12月4日~10日は人権週間です。 だからといって、この一週間だけ人権問題について考えさせたり、道徳の時間だけ「差別はおかしい」と教えるのは間違いだと私は思います。 行政が人権週間に啓発活動を行うのと違い、先生は毎日、子どもとともに時間を共有しています。だから日々の生活の中のできごとを、反差別の視点でとらえ、その場で指導したり、帰りの会で話し込んだり、学級通信に書いたり…。そんな営みが可能です。 そこで今回は、人権週間ではない7月にとりくんだ人権学習について書いた2018年7月12日に発行した通信を紹介します。 あっ、もちろん、前回のブログで書いた「あいうえおの人権教育」 あ…明るい い……

    もへちゃん

    もへちゃん先生の学級通信

    読者になる
  • 教育随想 321回  先生 と呼ばれることが恥ずかしい私

    子どもが生き生きとして活動していくのは、先生の行動や態度、さらに、先生が成長していこうとする意欲を感じ取っている時ではないでしょうか。 先生が真剣でなくて、どうして、子どもたちが真剣になるのでしょうか。 若い先生が技能的に未熟であっても、その先生のひたむきな姿に子どもたちは...

    路傍の石

    教育随想(授業づくり・集団づくり・児童理解)

    読者になる
  • 防災学習(6年生)

    JUGEMテーマ:小学校生活のいろいろ6年生が、保護者と一緒に「防災」について学習しました。授業の中で、「非常食を作って食べる」という活動も行いました。*12月6日 授業参観  

    秋田県男鹿市立北陽小学校

    秋田県男鹿市立北陽小学校

    読者になる
  • 「暗写」とかけまして「ドリブル」と解きます。どちらも,手元ではなく先を見据えます!

    バスケットボールでもサッカーでも,ドリブルするとき,手元や足元を見ているようでは,試合に勝つことなど望むべくもありません。ゴールを見ずにプレーしているわけです…

    ウォーカー

    英語教師(通訳案内士)、ウォーカーと歩く!>似顔絵

    読者になる
  • 教育随想 230回  侮辱、皮肉、ぼやきによる指導

    日曜日に散歩していると近くの小学校で少年野球の指導が行われていました。運動場の両側で2つのチームが練習していました。 一つのチームはとても静かな練習でした。コーチの方が怒鳴るような声がなく、ていねいに指導しておられました。 もう一つのチームは、数人のコーチがおられて指導して...

    路傍の石

    教育随想(授業づくり・集団づくり・児童理解)

    読者になる
  • 親子で人権パンフを見ながら、子どもが、学校であった人権学習を自慢する

    このブログを読んでくださっている方の中で、リアルの私をよく知っている人はわかると思いますが、私の教育実践の基盤は「平和教育」と「人権教育」と『学び合い』です。 この時期は、全国人権・「同和」教育研究大会(全同教大会)や、各市の人権フェスタや人権週間等、人権教育に関するとりくみが数多くあります。 それは、12月10日が世界人権デーだからです。 そこで今回は、人権週間について書いた2018年12月3日の通信を紹介します。 人権週間 国際連合は、1948年12月10日の第3回総会で、世界における自由、正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため、全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として…

    もへちゃん

    もへちゃん先生の学級通信

    読者になる
  • 5年生 収穫感謝祭

    JUGEMテーマ:小学校生活のいろいろ 5年生が、学習田の田植えや稲刈りの体験学習でお世話になった方々を招待し、収穫感謝祭を行いました。自分たちの作ったお米で、地域の伝統料理「だまこもち」を、保護者の方々と一緒に作り、招待した方々

    秋田県男鹿市立北陽小学校

    秋田県男鹿市立北陽小学校

    読者になる
  • たくさんの「忘れもの」、たくさんの「積み残し」があった年の最後の学級通信をかっこよく書くと…(笑)

    前回、前々回のブログで紹介した「人名事典」の発行は、結局、修業式の日になりました。 そこでこの年の最後の学級通信(2006年3月24日発行)は、人名事典を私自身が読んで感じたことを記事にしました。 ふだんの通信より、ちょっとばかりかっこいい言葉づかいなのは、谷口研二さんからいただいた谷口クラスの「人名事典」の後書きをまねしているからです<(_ _)> 人名事典 発行によせて 誰に対しても、同じ顔をしてつきあっている人はいない。 中には「陰ひなたがある」とか「強い者にペコペコし、弱い者にはいばる」という人もいる。 そういう使い分けは嫌だけど、そうじゃない人だって、いろんな場面で、いろんな態度・表…

    もへちゃん

    もへちゃん先生の学級通信

    読者になる

「教育ブログ」 カテゴリー一覧