TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

技術科教育 トップ

TOP help
  • 1位
    Vis-Tech

    Vis-Tech

    専門知識に裏付けされた「生活製品の使いこなし術」やプロジェクトの経験から「びじお流 仕事術」について情報発信しています。

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    生産技術系の人間が考えるDX

    DXとは何か?ではなくDXとは「何をやるのか?」そして「何のためにやるのか?」これを考えたときに次のような結論に達しました。 何をやるのか? ⇒いろんな現場データをデジタル信号に置き換える。 何のためにやるのか? ⇒データをデジタル機器、具体的にはPC、PLC、マイコン、タブレット、スマホなどで扱えるようにするため。つまりIoT化のためです。 ではなぜIoT化をやるのか? ではなぜデータ収集をするのか?現場の状況(異常/正常/無駄)を素早く把握して対応するための見える化です。

    メカマスター

    機械設計の周辺

    読者になる

続きを見る

  • 民芸運動!ルネッサンス!

    民芸運動!ルネッサンス!

    民芸運動! 柳宗悦などがはじめた 芸術復興ルネッサンス 捨てればゴミ? 生かせば芸術! よきものを目利きし 骨董品よ古民具よ蘇れ

    テーマ投稿数 20件

    参加メンバー 7人

  • 研修プログラム

    研修プログラム

    研修プログラムについて何でもお願いします! こんな研修あったよ〜とか、こんな研修あったらいいな〜とか、どんなことでもOKです! トラックバックしてください!

    テーマ投稿数 4件

    参加メンバー 1人

  • 哲学館〜哲学の探求〜東洋大学!

    哲学館〜哲学の探求〜東洋大学!

    井上円了〜東洋大学(哲学館)創始者 円了の歩いた哲学の探求&求道〜妖怪学博士〜 迷信や俗信がはびこる現代に真の哲学を!

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 2人

  • フィンランド・メソッド

    フィンランド・メソッド

    経済協力開発機構(OECD)が行った国際学力テストで世界一になった、フィンランドで行われている画期的な教育方法である「フィンランド・メソッド」についての記事を書かれた方、トラックバックお願いいたします。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • CEFR時代の(外国語)教育について考える

    CEFR時代の(外国語)教育について考える

    欧州の言語教育では「複言語」「複文化」を重要視するCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)が導入されています。CEFRはヨーロッパのものですが、「異文化を持つ者との共存・折り合いをつけての共通目標の達成」という理念は21世紀を生きる人間すべてに通じるテーマだと思います。「CEFR」「異文化と折り合いっての共通目標の達成」などに興味のある方とつながれれば嬉しく思います。

    テーマ投稿数 19件

    参加メンバー 3人

  • 英語で日本紹介

    英語で日本紹介

    英語で、日本語や日本文化を紹介している方のブログです。外国人に日本を紹介しましょう!

    テーマ投稿数 120件

    参加メンバー 7人

  • 子供との絵

    子供との絵

    娘が5才の時の絵と私の絵をミックスした 作品です。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 中田喜直

    中田喜直

    「夏の思い出」や「小さい秋みつけた」など、作曲家中田喜直が残した歌を知らない人は誰も居ないと思います。その作品や中田喜直の人そのものに関する記事を、是非トラックバックして下さい。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

  • 水泳が好き!

    水泳が好き!

    水泳に関する話題ならなんでもOKです!

    テーマ投稿数 72件

    参加メンバー 11人

  • ガールスカウト

    ガールスカウト

    2020年、日本のガールスカウト運動は100周年を迎えます。 ガールスカウトに関することなら 何でもOK! お気軽にトラックバックやコメントをお願いします。

    テーマ投稿数 457件

    参加メンバー 4人

続きを見る

続きを見る

  • Vis-Tech

    専門知識に裏付けされた「生活製品の使いこなし術」やプロジェクトの経験から「びじお流 仕事術」について情報発信しています。

    読者になる
  • 機械設計の周辺

    自動機械設計に関する周辺技術の解説です。 たまに技術士取得のコツをアップしています。

    読者になる

続きを見る

「教育ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)