TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

高校教育 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    余り物で献立作り

    さて何やら活動しているのはJr.。研究生とも呼ばれる1年生の研究チャレンジャーです。今年は生物生産科の男子2名、環境システム科の女子2名の応募がありました。そこで同じ学科同士2組に分けて、それぞれ取り組むことになりました。とはいっても今、ハンターズは何かと大忙し。時間に追われながら実験しています。いろいろな実験を行うと、ちょいちょい材料が余って残っています。そこで材料がもったいないので、ハンターズが今までいろいろな実験で余った材料を使ってプロジェクトを行うことにしました。よく冷蔵庫の余り物で料理するのと同じです。しかし料理と違い決められた材料で研究を計画するのは想像以上に至難の技。いろいろ検討した結果、とても上出来なアイデアとはいえませんがなんとか挑戦することになりました。もちろん指導してくれるのはハンターズ。...余り物で献立作り

    案内人

    花のたより☆山のふみ これぞ農高!

    読者になる
  • 2位

    日本史の考え方122「なぜ明治国家は太陽暦を採用したのか」

    明治政府は旧暦の1872(明治5)年12月3日を、新暦による1873(明治6)年1月1日に改めます。    新暦採用によって、1日を24時間とし、のちには日曜…

    rekishikyoshi

    受験日本史 現役私立高校教師が教える歴史! 新時代の入試を突破できる判断力・記述力・思考力を鍛える日本史

    読者になる
  • 3位

    引き算ではなく足し算?

    これは化学肥料の入っていた袋です。大きく10-10-10という数字がついています。これは肥料の3要素といわれる窒素、リン酸、カリウムの含有%。数字が大きいほど高濃度の肥料ということになります。いろいろな数字の組み合わせがあり、これらは複合肥料と呼ばれます。中には3要素のうち2つしか入っていないものもありますが要素が2つ以上入っていると複合肥料の分類に入ります。ではなぜいろいろな数字の肥料があるのでしょう。それは作物によって必要とする要素の量が異なるため。ジャガイモではリン酸を多く、マメ類では窒素を少なくします。栽培書にも作物の○○は10aあたり窒素○kg、リン酸○kgなどと書かれています。そこで農家の皆さんは、求めるものに一番近い数字の肥料をまいて足りない部分をそれぞれの各要素専用の肥料で足して補うのです。この...引き算ではなく足し算?

    案内人

    花のたより☆山のふみ これぞ農高!

    読者になる
  • 4位

    生き方としての自由意志と運命論(マチネの終わりに)

    マチネの終わりに-文庫版-コルク-平野啓一郎-ebook/dp/B07SPKVPGW/ref=sr_1_1?dchild=1&hvadid=187091490692&hvdev=c&jp-ad-ap=0&ke

    万次郎

    サラリーマンパパ

    読者になる
  • 5位

    チャレンジして学ぶ学習スタイル

    先日、プランターにカブの種子を播いた環境システム科の2年生。1週間たってずらりと発芽してきました。選択科目なので履修している名農生は少ないのですがプランターの数はみんなで約30個もあります。面白いのは全員カブの品種が違うところ。自分だけのカブというシチュエーションを設定することで参加者のモチベーションがグンとあがるからです。さて彼らのプランターを見てみると上手に播けている人とそうでもない人います。このプランターはとんでもなくたくさんの芽が出てきました。筋まきの仕方を説明してから播種してもらったのですが、人によっては受け取るイメージが異なるためです。中には芽がほんの少ししか出ていない人もいます。話を聞いてみるとちょっと他の人よりも深く植えてしまったとのこと。発芽が遅れているようです。農業の学習指導は失敗してもいい...チャレンジして学ぶ学習スタイル

    案内人

    花のたより☆山のふみ これぞ農高!

    読者になる
  • 6位

    日本史の考え方121「なぜ日比谷焼打ち事件は起こったのか」

    みなさんは、日比谷公園を知っていますか❓    東京都千代田区にある近代の洋式公園で、江戸時代末期は薩摩藩(現在の鹿児島県)・長州藩(現在の山口県)の上屋敷(…

    rekishikyoshi

    受験日本史 現役私立高校教師が教える歴史! 新時代の入試を突破できる判断力・記述力・思考力を鍛える日本史

    読者になる

「教育ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)