高校教育 注目記事ランキング

  • 1位

    秋の女王

    こちらも園芸科学科の草花温室です。冬はサイネリア、春はマリーゴールドなどの花壇苗が主役でしたが夏になって温室の主が変わりました。それがこの草花。ご存知、秋の女王「シクラメン」です。シクラメンは名久井農業高校の文化祭である名農祭の名物。高品質のシクラメンを求めて地域の皆さんが毎年押しかけます。また秋の風物詩として地元のテレビニュースでも紹介されています。2019年の名農祭はいつもよりちょっと早い10月26日〜27日の土日。まだ2ケ月も先ですが、園芸科学科の草花部門の先生や生徒たちは一生懸命管理に励んでいます。草花はトレンドの世界に生きる商品。したがって毎年、次々と新作のシクラメンが発表されます。名農祭で購入される皆さんは、スタンダードの白と赤の他に、黄色や八重咲き、フリル咲きなどいろいろあるので迷ってしまうようで...秋の女王

    案内人

    花のたより☆山のふみ これぞ農高!

  • 2位

    思い出の桃?

    チームフローラフォトニクスは今まで2度ストックホルム青少年水大賞に出場しスウェーデンに渡航しました。1回目、とても気になったのが市場の桃。ベリーやきのこが多かったのですがこの潰れた座布団のような形の桃が並んでいたのです。北欧は寒いので地物ではなくおそらく輸入された桃ではないかと想像されましたが、桃を栽培している名久井農業高校でもこんな変な形の品種はありません。昨年2回目のストックホルム行きとなりましたが残念ながら市場では見つけることができず、ちょっと残念な思いで帰国しました。するとどうでしょう。帰国してまもなく、なんと地域の産直売場で偶然この桃を発見したのです。懐かしさもあって、すぐその場で購入。食べてみると強い桃の香りと甘くジューシーな味にびっくりしました。そこで調べてみるとこの桃の名は「蟠桃」(ばんとう)と...思い出の桃?

    案内人

    花のたより☆山のふみ これぞ農高!

  • 3位

    さよなら夏の日!

    お盆が無事終わりました。全国的に猛暑と台風という大変なお盆となりましたが南部町のある南部地方はヤマセが吹き込み気温はあまり上がらず、比較的過ごしやすい1週間となりました。ただ過ごしやすい気温と引き換えに夏の青空はあまり見えなくなってしまい、子供たちにとってはちょっと残念だったかもしれません。またペルセウス流星群を見ようと期待していた人も毎晩曇り空で悔しかったと思います。それにしても今年は全国的に暑く北国青森も30度を何度も超えました。でも昔からどんなに暑くてもお盆が終わるとなぜか吹く風が秋風に変わってくるような気がしています。熱風ではなくひんやり涼しい風を感じる時があるのです。今、日本は春と秋が短くなっているといいますが日本らしさを作っているのがこの2つの季節。早く過ごしやすい秋になってもらいたいものです。さて...さよなら夏の日!

    案内人

    花のたより☆山のふみ これぞ農高!

  • 4位
  • 5位

    「大学進学懇話会」を開催しました

    ikuyukai

    倉吉東高等学校育友会(PTA)

「教育ブログ」 カテゴリー一覧