教育情報 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/05/21 21:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
ヒマローグさん
  • 情報提供面倒臭がる横着者 ヒマローグヒマローグさんのプロフィール
  • 「麻生暴言に」5月11日 『セクハラ罪ない 伊吹氏「正しい」麻生発言を擁護』という見出しの記事が掲載されました。自民党の中の良識派だとされる伊吹氏までが、麻生副総理の暴言を擁護されたということは残念でなりません。ただ、伊吹氏の『心の問題の判断を検察官や裁判官に委ねることはいけない』という指摘には頷ける面もあります。 私はこのブログで、いじめとセクハラの共通点について再三述べてきました。伊吹氏のセク

2位
にこにこママさん

3位
にこにこママさん
  • 情報提供心理学的に最悪なこと にこにこママのブログ♪にこにこママさんのプロフィール
  • 心理学的に最悪なコピペです。行動経済学では、「確証バイアス」という現象がある。これは、自分の意見や考えに合うものだけを受け入れたがるという心理で、自分の考えや行
4位 ヒマローグさん
  • 情報提供教え子の結婚に ヒマローグヒマローグさんのプロフィール
  • 「教え子の結婚式の祝辞」5月9日 立教大学教授湯沢直美氏が、『生活困窮者のSOS 頑張りをたたえないで』という表題でコラムを書かれていました。その中で湯沢氏は、『ある若者は、大人や支援者から、「やたらと、頑張っているねと言われる」(略)奨学金や支援を受けていると、がっかりさせたくないという気持ちから、自分でも「頑張っている」と言わなければいけない気持ちになるという。しかし、「毎日いい子にしている」のも
5位 ヒマローグさん
  • 情報提供考えさせる技 ヒマローグヒマローグさんのプロフィール
  • 「どうやって?」5月8日 客員編集委員玉木研二氏が、『君たちはどう学ぶか』という表題でコラムを書かれていました。その中で玉木氏は、柳田国男が行った『歴史は何の為に学ぶ』という講演について触れ、その中核をなす訴えについて、『ともすれば歴史は「考える」ものではないという誤解を、強く戒める』ものだったとしています。 さらに、2022年度から始まる「歴史総合」を取り上げ、『近現代史を世界に関連づけてとらえ、今
更新時刻:18/05/21 21:30現在