CEFR時代の(外国語)教育について考える

CEFR時代の(外国語)教育について考える
テーマ名
CEFR時代の(外国語)教育について考える
テーマの詳細
欧州の言語教育では「複言語」「複文化」を重要視するCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)が導入されています。CEFRはヨーロッパのものですが、「異文化を持つ者との共存・折り合いをつけての共通目標の達成」という理念は21世紀を生きる人間すべてに通じるテーマだと思います。「CEFR」「異文化と折り合いっての共通目標の達成」などに興味のある方とつながれれば嬉しく思います。
テーマ投稿数
19件
参加メンバー
3人
管理人
セイジ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「CEFR時代の(外国語)教育について考える」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「CEFR時代の(外国語)教育について考える 教育ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

CEFR時代の(外国語)教育について考えるの記事

1件〜50件

カテゴリー一覧
商用